年齢と不妊治療

35歳と言われる原因

35歳から卵巣の機能が低下してしまう様な事は皆さんご存知だと思います。なぜ35歳と言われるのか?それは卵巣の貯蓄量と卵子の正常率(質)が関係しております。

自然周期の場合、毎月一つ排卵されます。しかし生理周期の始めにはいくつか基礎卵胞が同じくらいの大きさで成長を競い合っていたのです。数日後に優勢卵胞が勝ち抜き他の卵胞の成長を抑えて大きくなり、成熟し、排卵されます。卵巣貯蓄量が減少するとは、基礎卵胞が減る事です。

質が下がるとは、卵子が正常な遺伝子を複製できる能力が衰える事です。実際遺伝子検査をした場合35歳以下の卵子の正常率が80%くらいで、40歳になると20%まで下がります。高齢妊娠で流産が増える一つの原因でもあります。

卵巣貯蓄量は個人個人で同じ年齢でもかなり違ってきます。若い方が高齢の患者さんよりも貯蓄量が低い場合もよく有ります。

卵巣貯蓄量はAMH検査で数字として見る事が出来、妊娠を意識される方は一度検査をして見ると妊活の計画や不妊治療の方針をもっと具体的に計画出来ます。

30代前半の不妊治療:

精液検査が正常の場合は暫く自然周期のタイミング療法や排卵誘発剤を使ったタイミング療法をする余裕があると思っても良い。ただし、精液検査が以上な場合や卵巣貯蓄量が低めの方はタイミングが適していない方もいます。

35歳〜40歳の不妊治療:

貯蓄量が低い方は積極的に治療をはじめる事をお勧めします。タイミング療法や人工授精を期間限定で試す場合もありますが、体外受精に進んでチャンスを逃さないようにするのが重要です。タイミング方で自然妊娠出来る方も実際たくさんいるので、タイミング療法もポジティブにトライするといいと思います。

40歳以上の不妊治療:

卵巣貯蓄量が良くても時間をかけ過ぎないことをお勧めします。人工授精をする場合の成功率も人によっては20%を切る事があるので、時間との勝負です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。