生理不順の原因と治療

前回 (生理不順なんです) の続きです(‘ω’)ノ

生理不順の原因を突き止める場合、血液検査と超音波検査が必要です。

前回の話では、バースコントロールピルで生理不順を調整し、
排卵を妨げることをお話しましたが、
次のステップとして、別の経口剤を使用して排卵を出来る方法があります。

生理不順となる原因は、様々考えられますが、
先天性の原因を除き、主な原因として考えられるモノの病名は、
PCOS (Polycystic Ovary Syndrome) 和訳:多嚢胞性卵巣症候群です。

下の血液検査と超音波の結果が揃うとPCOSと診断されます。( ..)φメモメモ

  • 血液検査でみられる結果:AMHが4以上、かつLH / FSHが2以上

*AMH (Anti-Mullerian Hormone) – アンチミューラリアンホルモン :
このホルモン量を計測する事により卵巣の貯蓄可能量が分かります。
*LH (Luteinizing Hormone) 和訳:黄体形成ホルモン
FSH (Follicle Stimulating Hormone) 和訳:卵胞刺激ホルモン
LH / FSHの結果が2以上となる場合、脳からの刺激ホルモンがアンバランスという事になります。

  • 超音波検査でみられる結果:小さい卵胞が
    卵巣の外側を一回り囲む様に20個や30個以上がずらーっと並んでいる。
この時のエコー写真の様な状態の事を
String of Pearls Sign✨真珠のネックレスサインと呼びます。

治療法として、Metformin (メトロホルミン) 💊を1000mgから1500mgを
2・3か月毎日服用する事になります。
*消化器官の副作用が多いため、下痢などの症状を訴える方もいますが、
多くの方がそのうち慣れます。

*Metformin は、糖尿病の治療に用いられることで知られておりますが、
PCOSの方のインシュリン抵抗性を改善したり血糖値を下げてくれたりと
不妊治療でも役に立ってくれています。( *´艸`)
それに加えて生理周期をただす効果があり、
流産のリスクを下げ、生殖機能を整えてくれます。

体が慣れてきて、生理が来たらClomidを5日間~10日間服用します。
PCOSの患者さんは、Clomidを1日1粒服用のペースでは、
効果が見られない場合もあるので、2倍3倍の処方がされることもΣ( ゚Д゚)。。

でも、ちゃんと治る病気ですし、
私の患者さんでも最近この方法で結婚して二年間ずっと妊活していた若いご夫婦が
自然妊娠で妊娠することが出来ました❕❕❕メデタイ❕
🎉(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)🎉

PCOSは、近年とても増えてきている傾向にある様で、
大学病院の婦人科外来で一日の患者さんのナント6・7割
PCOSだった日もありました。

PCOSは、ストレスや運動不足、食事バランスの傾きなど、色んな原因からなります。
(典型的な症状は、多毛、肥満とニキビなど、醜い印象がありますが、
今は美容お手入れが行きわたる時代なので、
見た目でPCOSの患者さんと分からない方が多いです。)
決して悪い病気ではないですし、恥ずかしいことでもありません!!

ご質問やご相談があれば、ご連絡ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。