コロナが落ち着かないうちに

私が勤めているクリニックが三月末にコロナの脅威から少しでも患者さんを守ろうと、すべてのご新規さんの受け入れを一旦ストップして一か月が経過。

コロナのケースが落ち着かない内にストップを解除して受け入れ再開を公表しました。
(本当はもっと早くに再開をしたかったのですが、
IVFを行う場合、胚移植やIUI(人工授精)と違って麻酔科医師のお世話になり、
術後の急変などを考慮して、院長もなかなかGOサインが出せなかったみたいです。。。)

新型肺炎が誕生してまだ4か月なので、
妊活や妊娠出産にどんな影響をもたらすかまだ未知なのが現実です。

クリニック側は患者さんの予約の時間に工夫をしたり、
待合の椅子と椅子を離して置いたり、
コロナの接触と症状の有無の質問を含むコンセントフォームをサインしてもらったり、
入り口で体温を測ったりと色々工夫して対応しています。
ロビーも検査室も一人検査が終わったら消毒し、
必要でないご家族の同行も今のところお断りしています。

さて、治療再開を公表したところで、患者さんは来てくれるのでしょうか?
患者さんから安全を疑って暫くは閑散期を迎えることを心配していた院長。
その予想を裏腹に、患者さんへの連絡を入れ始めると、
”ぜひ予約を!”と返事がドドド ((((oノ´3`)ノと帰ってきました。

皆さん首を長くして一か月待っていたみたいです。

唯一、残念ながら引き続き受け入れストップをさせていただいているのは、
コロナの最前線でナースとして働いていらっしゃる患者さん達です。
ICUで毎日コロナ患者さん達の為に奮闘しているのに、
心苦しく思うのですが、クリニックに来られる他の患者さん達の安全を
確保できないから仕方がないのです。。。(´;ω;`)
経口薬やホルモン剤の使用で免疫力を下げる副作用が100%否定できないからです。

そんなこんなで、私たちに限らず、今世界中で色々な工夫や対策が練られていますが、
一刻も早くこの事態が解消されて、みんなが安心して行きたいところに行ったり、
安心してしたいことが出来る日常に戻る事を祈ります!!

ご質問やご相談があれば、ご連絡ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。